MENU

等級は大切ですよ!

 

自動車保険制度は、事故を起こす可能性が高い人には保険料が高く、低い人には保険料が安くなるように制度が作られています。

 

ノンフリート等級という制度では、1等級から20等級までランクに分けられ、等級が上がるごとに年間保険料が一定割合減額されていきます。

 

 

等級の見方としては、これまでに自動車保険の契約をしたことが無い人については6等級からスタートします。

 

そこから1年間、保険給付を利用する事故が無ければ翌年は7等級ということになります。

 

段階的に保険料が下がっていきますが、7等級の時点で1年間の無事故実績があると判断されることから、このタイミングは特に割引率が大きくなります。

 

 

もし事故を起こした場合は、殆どの場合は3等級、天災や車両への悪戯など
、一部のケースについては1等級下がります。

 

ただし、人身傷害補償のみの請求や、ファミリーバイク特約のみを使用する場合などは等級のダウンにならないこともあります。

 

等級には無事故等級と事故あり等級の二つがあり、同じ等級でも割引率に差が生じます。

 

事故が発生した時も、非常に損害が小さい場合は保険を使わない方が得になるのはこのためです。

 

一度等級が下がると、地道に無事故期間を積み重ねるしか元に戻す方法はありません。また、等級の情報は損害保険会社間で情報共有がされており、他社に乗り換えてもリセットされません。

 

 

自動車保険の選び方として、補償を少なくすれば等級による保険料上昇をカバーすることはできますが、

 

十分な補償が無いのは本末転倒ですので、出費が増えるのは仕方がないことです。無駄な補償を付けていないかは確認しておくべきですが…。